読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるのまんがらいふ

マンガ紹介&レビューブログ。マンガはジャンル、年代問わず。

藪口黒子「白雪姫と七人の囚人」既刊1巻

マンガ紹介(ファンタジー・SF)

つづいてこちらを紹介します!

白雪姫と7人の囚人 1 (ヤングジャンプコミックス)白雪姫と7人の囚人 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/02/19)
薮口 黒子

商品詳細を見る

ヤングジャンプで気になっていた作品、藪口黒子先生の「白雪姫と七人の囚人」1巻が発売されました。

■あらすじ

隕石によって孤島と化した東京都。

政府も壊滅し、荒れ果てたこの地は都庁が独裁的に支配する街となっていた――。

記憶を失い八王子区で目覚めた赤銅尊(しゃくどうたける)は、

都庁の非人道的な行政を目の当たりにして激しく抵抗する。

しかし、彼にはある非常な運命が待ち受けていたのだった・・・。

ここに、かつてない闘争戯曲の幕が開く!!

ジャンルはいわゆる「異能力バトル」ものですかね。

特筆すべきは絵のうまさ。

特に、第3話と第7話の筆で描かれた扉絵は凄かったです。

第1話のカラー扉絵など、美麗イラストがヤングジャンプの特設サイト 白雪第一閲覧室で見られるのでぜひ!

都庁の支配者・黒雪と物語のカギを握る幼女・白雪。

「適合者」と呼ばれる能力者たちが7人揃って、白雪を助け出し黒雪を倒す、、という展開になるんでしょーか?

そう一筋縄ではいかないかも。

藤丸区長や黒雪、変態の天城屋などキャラは立ってると思うので、ぜひ設定を生かしつつ物語を展開していければ、ハガレンのような名作ダークファンタジーになる…かも。

という期待を込めた第1巻でした。

それでは~

【個人的オススメ度】☆☆☆☆☆☆☆ 7

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村