読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるのまんがらいふ

マンガ紹介&レビューブログ。マンガはジャンル、年代問わず。

”ひとりぼっち”の二人の出逢い~よしづきくみち「クーロンフィーユ」既刊1巻

こんばんは!

今回は、先日新刊購入予定でも触れた、よしづきくみち先生の「クーロンフィーユ」を紹介します!


クーロンフィーユ(1) (クーロンフィーユ (1))クーロンフィーユ(1) (クーロンフィーユ (1))
(2013/05/09)
よしづき くみち

商品詳細を見る

よしづきくみち先生の最新作!別冊少年マガジンで連載中です。

第一話試し読みはこちら

■あらすじ(コミックカバーより)

生まれついての「乾燥ワカメ髪」のせいで、キモワルがられる15歳・若井寛造。

完全に青春をこじらせた少年は、新天地で不思議な少女と巡り合う。

穂刈ノエミ――、彼女もまた「人と触れることができない」悩みを持つ特異体質の持ち主だった……!

「乾燥ワカメ怪人」と「帯電少女」、二人の出逢いは運命!?それとも……。

よしづき先生お得意の(?)ボーイミーツガールものです。

タイトルの「クーロンフィーユ」はどういう意味だろう?と思ってたんですが、

フランス語だったんですね~

クーロン coulomb 電気、電荷の単位

フィーユ fille  若い女性

ということで、”帯電少女”。主人公のノエミのことです。

彼女は重度の「超」帯電体質。

帯電とは、物体に静電気が溜まっている状態のことで、彼女はそれが異常にたまりやすい体質。

人に触れただけでバチッと感電を起こしてしまうほど。

なので、人と日常生活を送ることができず、保護者もなく学校にも行けず、一人ぼっちで山奥で暮らしています。

そんな彼女と出会ったのが若井寛造。

彼もまた、異常にキモチワルイ乾燥ワカメのような髪のせいで、周りの人にことごとく嫌われ、屈折した人生を歩んできた一人ぼっちの少年。

そんな二人が出会ったことで、運命はどう変わるのか?

1巻はまだ導入部分で、二人の出逢いがメインですが、これからの展開が楽しみです。

夏休みが終わり、転校先の学校に初登校した寛造は、予想通り周囲の嘲りといじめにあう・・・

一方住処で火事が起きてしまったノエミはどうするのか?

本誌を読んでないんで分からないんですが、ノエミが寛造と同じく三橋家に居候になったりするんですかね?

わりと物語全体のゴールは見えていると思うので、そこに至るまでの過程をいかに盛り上げるか?

がカギな気がします。

ボーイミーツガールものが好きな人には特にオススメですが、

男女問わずオススメできる作品です。

それでは~

【個人的オススメ度】☆☆☆☆☆☆☆ 7

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村