読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんぺるのまんがらいふ

マンガ紹介&レビューブログ。マンガはジャンル、年代問わず。

清家雪子「まじめな時間」

今回は、清家雪子先生の「まじめな時間」を紹介します。全2巻です。

試し読みはこちらでできます。


まじめな時間(1) (アフタヌーンKC)まじめな時間(1) (アフタヌーンKC)
(2012/05/23)
清家 雪子

商品詳細を見る

新海誠さんの「秒速5センチメートル」をコミカライズした清家先生の初オリジナル作品です。

~あらすじ

植村一紗(うえむらかずさ)、高校生。趣味は遊ぶこと歌うこと寝ること。高校生活を満喫して、近々好きな男の子に告白してつきあうことになるかも。そんな日々をこれからも生きていくはずだった。…そんな一紗を襲う運命とは!?

↓今回の紹介は少しネタバレを含むのでご注意ください↓

一紗は今時の普通の女子高生なんですが、ある日突然交通事故で死んでしまいます。

一紗が目を覚ますと、そこは亡くなった人が幽霊となってさまよっている世界。

幽霊となった人は、時間の経過とともに浄化されて消えていく・・・というお話です。

突然死んじゃったら、どうしたらいい?

いきなりそんな状況に陥った一紗は、なかなかその現実を受け入れられず、自分が死んでしまったことに対する家族や友人たちの反応に戸惑ったり、憤ったり、悲しんだり、でも何も伝えることができない・・・

けれど、霊感を持つ同級生・岡部蘭子に出会ったことで、物語が少しずつ動いていきます。

「死」という重いテーマを扱った作品なので、ともすれば暗く重い雰囲気になりがちですが、一紗が明るいイマドキの女の子のノリで、他の幽霊たちもおもしろいので、シリアスなだけでなくコミカルな部分もある作品です。

帯の谷口ジローさんの紹介コメントの一部を引用させていただくと

「切ないけれど、けっこう愉快な霊界ファンタジー」です。

まじめな時間

タイトル「まじめな時間」の意味は、1巻のおまけマンガを読んで個人的にこう解釈しました。

友達・フキが、一紗について言ったセリフ

「・・・照れてただけだよ。

 わりと誰とでもまじめな雰囲気になるのが苦手で

 みはるんのこと言わなかったのも楽しい今を崩したくなかったんじゃないかな」

一紗が死んでしまってから成仏するまでのこの時間は、自分や周りの人たちと"まじめに"向き合うための時間なのかなと。

一紗の母親が、一紗はこんな子なの、こんないいところがあるのよ、と蘭子に話す場面では涙が止まりませんでした。

あらすじで一紗のことを「今時の普通の女子高生」とわざとひとくくりにして書いたんですが、一紗の母親にとってはたったひとりの大切な娘なんだな・・・と

もしもたったひとつだけ願いが叶うなら

余談ですが、"もしもたったひとつだけ願いが叶うなら"

・・・って考えたことありませんか?(浜崎あゆみの「NEVER EVER」のサビと同じですね)

私はこの問いに対して、昔から2つの答えを考えていて(現実的なものと非現実的なもの)、非現実的な方は

魂になって世界中を自由に飛びまわりたい!

というものなんですが、それがまさに2巻のカバー裏で実現されてました(笑)

世界遺産や、雄大な自然や、見知らぬ街角や、普段見れない仕事の現場や、密かに好きだった人の家や、さらに地球の外の宇宙も。

もしも死んだ後に自由に飛びまわれるなら全てを見て回りたい、と空想してたんですが、同じことを考えてる人がいてうれしかったです^^

さて、2巻の表紙はこちら。

一紗の表情と空の色が、1巻とは対照的ですね。


まじめな時間(2) <完> (アフタヌーンKC)まじめな時間(2) <完> (アフタヌーンKC)
(2012/09/21)
清家 雪子

商品詳細を見る

この人生のロストタイムの中で、一紗は何ができるのか?

ぜひ自分の目で確かめてみてください!

さらに余談ですが、前作「秒速5センチメートル」の時は、背景(特に自然)の描写の粗さが気になったんですが、今作ではかなり改善されていたと思います。

次回作を楽しみにしています♪

それではまた~

【個人的オススメ度】☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村